キンダークラス2018:11月のレッスン材料


今回の絵本は、"How We Go Round the Mulberry Bush"という歌に沿って書かれて絵本です。この歌は、アメリカで育った子ならみんな知っている、毎日の日課を学ぶて歌なんです。私はこの歌、娘が1歳の時に連れて行ったスイミング教室で知りました。オリジナルの歌をベースに、子供達が水と触れ合う替え歌を先生が作り、レッスン開始時に歌ってました。娘のバレエのレッスンでも、"This is the way we turn our feet, turn our feet, turn our feet"と、先生がストレッチの時に使っていますよ。

私が持っているスカラスティック社の本とは少し異なりますが、日本でも同じタイトルの同じ歌がベースの絵本を購入できます。Amazonで1000円以下で買えるようですよ。

クラフトの材料はこちらです。

[レッスン1回目]

自分の名前を、アイディアいっぱいに書いてみましょう!

(参考:https://www.brightstarkids.com.au/blog/decorating/button-art/)

  • 厚紙1枚(色は何色でも構いません。厚紙には、大文字でお子さんの名前を大きく書いておいてください。)

  • 文字を飾るもの(参考の写真はボタンを使っていますが、パスタ、ボトルキャップ、お菓子、綿、木の枝や木の実など、思いつくものやお家にあるもの、何でも構いません。)

  • ノリ、ボンド、テープ(文字を作るパスタやボタンなどを貼るための、ノリやボンドを用意してください。あらかじめ、両面テープを裏に貼っておいてあげたりするとスムーズです。)

  • おやつ(夜なので、果物やおにぎり、夕食の一部でも構いません。食べやすいものにしてください。)

[レッスン2回目]

以下のようなランプを作ります。ジャムが入っていたガラスの容器など空になったら、よく洗いラベルをはがし、とっておいて下さい。http://whereimaginationgrows.com/mason-jar-fall-tree-luminaries-craft/

  • ガラスの容器 ボンド(乾くと透明になるもの)

  • 和紙(七夕で使った短冊とか残っているといいですね。薄い紙で、後で灯す中のランプが見えるものであれば何でも構いません。)

  • おやつ(夜なので、果物やおにぎり、夕食の一部でも構いません。食べやすいものにしてください。)

では、お楽しみに!!!

#英語レッスン材料 #子供英語 #英語教室

Powed by MAIS LEARNING

  • Facebook - Grey Circle